スタッフインタビュー

HOME > 採用情報 > スタッフインタビュー

中堅社員インタビュー


高崎 和也
 2009年度入社  
 
 


Q.あなたは今、どういう仕事を担当していますか?

A.ナビデータの開発業務を担当しています。

Q.社会に出て、最初からこの仕事をしていますか?

A.いいえ。塗装業・接客業を経て現在の職につきました。

Q.なぜこの仕事を選んだのですか?

A.手に職をつけたいという思いから、職業訓練校に通ったのですが、
そこで学んだJavaがとても面白かったからです。
その時はまだPCの電源の入れ方も知りませんでした・・・

Q.中でも、YCCを選んだ理由は?

A.以前は別の会社で働いていました。
あるきっかけで現中村会長とお話しする機会があり、
この人の元で働きたいという思いから入社を希望しました。

Q.仕事で、どのような時に困りますか?

A.困るというよりかは、
辛いのが自分のミスで他作業者やお客様に迷惑をかけた時です。

Q.これまでYCCにいて、一番印象に残った出来事は何ですか?
仕事でも遊びでも構いません。

A.出張で冬に札幌へ行ったときに見た雪です。
北九州では考えられない雪の量にびっくりしました。

Q.これからの目標を聞かせてください。

A.個人の技量を上げ、より楽しく仕事ができるようになりたいです。
結果として会社の成長に貢献できればと思います。
あとは・・・ゴルフ人口を増やしたいです!

Q.これからYCCに入社しようと考えている方々へひとことお願いします。

A.一緒にワイワイガヤガヤと"仕事"をして、共に成長しましょう!



新人社員インタビュー


本松 草太郎
 2015年度入社   
 


Q.学生時代は何に打ち込んでいましたか?

A.アルバイトをしたり、野球をしたり、キャンプに行ったり、
釣りに行ったり色々なことをしていました。
勉強に関しては大学のゼミでマーケティングの勉強をしたり、
クラウドコンピューティングやクラウドソーシングに関する
卒業論文を書いたりしていました。
プログラミングに関しては全く未経験でした。

Q.IT業界に就職しようと思った理由は?

A.一番大きな理由は、IT業界は発想次第で本当に様々なサービスを
展開できるという点です。
IT技術は面白いことを実現する手段だと考えると
魅力をより大きく感じられるのではないかと思います。
もちろんコンピュータ自体が好なことも志望理由です。

Q.中でも、YCCを選んだ理由は?

A.北九州市内の大学に在学していたため、市の政策や歴史について
勉強する機会が多くあり、市の魅力を感じていました。
YCCは地域に根差し、課題解決をしようとしている会社だと
感じたことが第一の理由です。
ぜひ会社のWebサイトをじっくりご覧になってください!

Q.入社してからの3ヶ月はどのような研修を行ってきましたか?

A.入社後すぐ、他社様との合同で1月半の研修を受講しました。
その中でJavaのプログラミング研修のほか、ビジネスマナーや
論理的思考法についての講義を受けました。
現在(2015年6月)は社内に戻りC言語とC++の研修を行っています。
月末の成果発表に向けてプログラムを作成しているところです。

Q.職場の雰囲気、社員の方々の印象はどうですか?

A.まだ社内にいる期間はあまり長くはないのですが、
その中でも役職を問わず様々な方から声をかけていただいたり、
飲みに連れて行っていただいたりととてもアットホームな印象です。

Q.これまでYCCにいて、一番印象に残った出来事は何ですか?
仕事でも遊びでも構いません。

A.入社後に社内でカラオケ同好会が結成されました!
月1で定例会が開催される予定となっております。
本Webサイトからリンクされている社員ブログにも開催の様子が
投稿されていますので、是非そちらもご覧になってみてください!

Q.これからの目標を聞かせてください。

A.プログラミング未経験で入社したので当面の目標は
プログラミングを覚えて会社の利益に貢献することです。
設計の仕方や資料作成など、他にも勉強することがたくさんあるので
頑張っていこうと思います。

Q.これからYCCに入社しようと考えている方々へひとことお願いします。

A.ぜひ入社していただいて一緒に成長しましょう!お待ちしています!